占い師を育てる占いスクールはどんな勉強を行っている?

占い師さんになるためには、もともとの力として霊視能力などがある場合などを除き、かなりの知識量などが必要になります。特に難しい占いなどの場合には、大変に膨大な知識と、例えば「命式」と呼ばれる運命を表わしている表のようなものを作る場合などには、大変な時間と勉強が必要になってきます。

そのため、どのような占い師さんになりたいのか、またどのような占いを仕事にしていきたいのか、このような点によって、スクールを選ぶ際にも、選択が生じてきます。例えば、ある姓名判断の流派の先生のスクールに入る場合には、姓名判断の基本である、画数の意味などをスクールで勉強します。それと同時に、姓名判断では、画数が流派によって、偏りがあることから、こうした方面なども勉強をしていきます。

字体によって、そのままの数の画数になるのか、それともさらに数字を足してから、占いを行うのか、このような勉強などを行っていきます。数字の吉、大吉、凶、半吉、このような意味とその配置なども勉強をしていく形になります。同時に、五行の配置など、中国の五 行の考えに基づいた勉強などを行っていきます。それとは別に、韓国でも有名な陰陽の配置の勉強などもスクールなどでは学んでいきます。

占い師になるためには、これらに加えて、相談してくださる方が不安な気持ちにならないように、心理学などの勉強を行うケースもあります。これはスクールにもよりますが、占いに心理学を取り込む場合には、基本的な心理学の勉強なども行うとされています。

電話占いリノアは業界最安値で当たると評判の占い師が集結!はこちら