プロミスの審査の流れ

プロミスのカードローンに申し込むと信用情報機関から信用情報を共有してクレジットカードやローンの利用履歴をチェックされます。そこで今まで延滞をしていないか、他社の借り入れ額はいくらか、申し込みに記入されている住所や氏名は信用情報と同じかどうかを確認しているというわけです。
続いて確認されるのが申し込み情報の点数です。プロミスでは職業や年収、雇用形態、居住形態などの申し込み情報をスコアリング(点数化)し、過去のデータから延滞や債務整理をしやすいかどうかを見抜くというわけですね。
上記2つで融資しても構わない対象として認められれば、他社の借り入れ状況の確認、在籍確認へと移行していきます。審査項目としてはこれらが主たる内容ですが、プロミスでは本人確認の電話対応や振る舞い、人柄も審査項目としているようです。いくら返済能力があっても人として不適当とされれば審査に落ちる可能性があるというわけですね。
プロミスの審査の流れとしては、申し込み→信用情報・申し込み情報の確認・他社借り入れ、総量規制の確認→在籍確認→所長の審査→審査の結果報告となります。所長は各部署にいる責任者のことで最終決定権はこの人が握っているのです。総合的な観点から申込者に融資可能かどうかを決定しています。単純に所得があればOKというわけではないので、細かいところにも気をつけて申し込むようにしてください。ちなみに入力ミスは嘘と同じ扱いとなるので申し込みボタンを押す前にはしっかりとチェックしましょう。プロミス口コミも参照して正しく申し込みをして借り入れできるようにしてくださいね。